理想のDIYを実現させたい?素材選びが大切!


素材選びはきちんと行う

DIYで素晴らしいデザインのイスやテーブルができても、素材選びに失敗すると後悔する結果になるかもしれません。それは素材によって得手不得手があるため、時間が経つと脆くなり壊れてしまったり除去するのが難しいほどのカビが生えてしまったりするケースがあるからです。それでは、いくら素晴らしいデザインだったとしても処分することになるでしょう。そのような困った事態にならないためにも、素材選びはきちんと行わなければいけないのです。

素材の特徴を調べよう

スギや赤松、そして複数の木材の集合体であるSPFなど、いろいろな素材が売られています。見た目や強度など、それぞれの特徴は大きく異なるので、欲しい物があった場合はしっかりと調べるようにしましょう。ホームセンターで購入する場合はスタッフがいるはずなので、質問すれば素材の特徴を知ることができます。ちなみに、同じ素材だったとしても、木材を切り出す場所によって重さや色の具合が異なるケースもあるので注意が必要です。そちらは実際に手に持ち、目で見ることでチェック可能なので、まとめ買いをするときも一つひとつ確認することをおすすめします。

塗装で耐久性は上げられる

耐久性があまりない素材だったとしても塗装を使うことでアップできます。耐水性や防水性などさまざまな機能を持った塗装が売られているため、用途や使う場所によって選ぶことが重要です。機能についてはパッケージに記載があるので、きちんと読んでから購入すれば、DIYでお気に入りの素材を使いこなせるようになるでしょう。

泡の発生を防いだり、あるいは発生した泡を消すために液体に微量を添加する添加物のことを消泡剤と言います