幅広い業界で使用されているCAD!その特徴とは?


コンピュータ内で設計をするためのツール

CADは設計専用のツールで、コンピュータの内部で図面を作成するために使用します。そして、大まかには平面の図面を作成する2DCADと、立体的な設計ができる3DCADの2通りに分かれます。そのCADが活躍できる場面は非常に多く、建築や土木、製造など幅広い業界で導入されています。CADには数多くの種類があり、コンピュータ内で図面を作成するという基本的な部分は同じですが、それぞれ異なる特徴を持ちます。その中には、特定の分野で使うことを想定したものもあります。

効率的な設計ができる

CADの特徴としては、設計の作業が効率的に進められるという点が挙げられます。基本的にはマウスやコンピュータ用のペンを使用して線を引いていく形なので、その線にブレが出ることがありません。設定次第で同じ太さの線を簡単に引ける上に、定規なしで直線を引くことも容易です。さらに、線を引く部分を間違ったとしても、すぐに元に戻すことができます。したがって、設計を行う人が違っても、図面の質が安定しやすく、作業完了までの時間も短く済みます。

完成した図面の取り扱いも容易

CADで設計した図面は、印刷しない限りデータ形式で扱われます。そして、図面データは取り扱いが簡単で、メールへの添付やクラウドへの保存によって、すぐに離れた場所に送ることができます。また、USBメモリやSDカードといった記録媒体に入れておいて、持ち運ぶことも可能です。さらに、データそのものはコピーによっていくらでも増やせるため、バックアップを用意しておくことも難しくありません。必要であれば、設計途中でのバックアップ作成も可能です。

水道CADとは、水道工事向けのソフトを使用し上下水道の配管図面や申請書を正確かつスピーディーに作成するシステムのことです。